<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

九品仏のイチョウとカヤ -東京都世田谷区奥沢-

 高校2年の春、長野県から東京都の高校へ転入したので、東急目黒線(当時は目蒲線と呼称)や大井町線は通学路線となった。大井町線に初めて乗車したとき、九品仏駅の北側にこんもりとした森があり、駅名から判断して、由緒ある寺が存在するであろうと考えた。このように、九品仏駅という変わった名称の駅の存在は知ってはいたが、自宅と高校の往復だけで、途中下車をすることは全くなかった。大井町線に初めて乗車してから約50年後、2008年3月、由緒ある寺(浄真寺)の境内に存在する巨木を観るために、九品仏駅に初めて下車した。

 駅前から少し歩くとほぼ北へ向かう参道となり、参道の終わる西側が浄真寺の境内となる。浄真寺は、1678(延宝6)年に芝増上寺の別院として、珂碩(かせき)上人(楼門に向かって右側に開山堂がある)が開山した。本堂が建立された際、その背後に3 棟の小さな三仏堂が建てられ、そこに珂碩上人と弟子の珂憶上人が協力して彫った阿弥陀如来像が、それぞれ3 体ずつ安置されたことから、九品仏と呼ばれるようになったと伝えられる。なお、浄真寺で3 年に 1 度、8月16 日に執り行われるお面かぶり(二十五菩薩来迎会)は、東京都の無形文化財に指定されている。

 楼門を入り、参道をはさんで2 本のイチョウが並んでおり、本堂よりのものが都の天然記念物、樹髙20 m、幹周り4.2 m である。主幹は枯れているようにみえるが、秋には小枝にギンナンをたくさんつけるという。さらに、三仏堂の前には、都内では最大と言われるカヤがあり、これも都の天然記念物の指定を受けている(写真)。樹髙31.3 m 、幹周り5.3 m、枝張り東西 12 m、南北18 m 、根元から約 2 m のところで 2 幹に分かれている。この他、境内には指定を受けていないが、多くの巨木、古木が見られる。九品仏駅周辺は静かな環境に恵まれた住宅地であるが、その静寂さを現出しているのは浄真寺の存在である。

新潟大学名誉教授 鈴 木 郁 夫
e0119669_116482.jpg

[PR]

by meiboku | 2011-12-21 11:06 | 九品仏のイチョウとカヤ