<   2010年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

井頭(いがしら)のヤナギ -東京都練馬区-

 久しぶりに西武池袋線に乗り、保谷駅で下車した。駅前は相変わらず車寄せもないほど狭かったが、駅から少し離れると、所々に畑地や武蔵野を代表するケヤキの大木も何本か残っている。保谷駅から地図を頼りに歩くことおよそ15分で、大泉井頭公園に達する。中央線吉祥寺駅南の井の頭公園のほうがよく知られているので、それと区別する意味で大泉井頭公園と呼ばれている。両者とも今から約10万年前ころに多摩川によって形成された武蔵野台地から水が湧出する泉(井、井戸)の頭(源流)に起因することで共通しており、大泉を付けるとそれは重複していることになる。地表流のない広い台地では、生活用水をどのようにして得るかが最重要課題であるので、このような湧水地付近から開発されたと考えられる。武蔵野台地から流れ出す小さな河川の源流には、善福寺池、井の頭池、延宝寺池・石神井池などがあり、いずれも武蔵野台地の標高50 m付近で傾斜が緩やかになる地点から湧出すると考えられている。

 大泉井頭公園は北東へ流れる白子川(荒川の支流)の源流に位置する小さな池の周辺に造られた公園である。この付近は、白子川源流であるので武蔵野台地よりも数 m低くなった程度であるが、池・河川沿いは公園として整備されており、水辺を好む植物が多く見られる。池の北側にマルバヤナギ(アカメヤナギの別名)の大木が2本、ずいぶん曲がりくねって立っている。両者は甲乙つけがたく、樹髙は6.2 m、幹周り5.3 m、樹齢は不明、練馬区指定天然記念物とのことである。樹髙は曲がっているためにそれほど大きくはないが、ヤナギの生長速度やその屈曲状態から樹齢を感じさせてくれる。池には大きな錦鯉も泳ぎ、白子川の流れもきれいである。武蔵野台地から流れ出す小さな水辺の環境をいつまでも残したいものである。

新潟大学名誉教授 鈴 木 郁 夫
e0119669_11352727.jpg

[PR]

by meiboku | 2010-07-23 11:36 | 高瀬の大ケヤキ