<   2009年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

松之山の美人林 -新潟県十日町市-

 新潟県十日町市は日本を代表する豪雪地域である。とくに東頸城丘陵の核心に位置する東頸城郡旧松之山町や旧松代町(いずれも平成17年4月1日に十日町市と合併、残りの東頸城郡の町村は上越市に合併した)は年間総降雪量は約10 m にも達し、例年、積雪量が最深となる3月上旬には4 m にもなる。未・半固結の新第三紀層からなる東頸城丘陵は約400万年前以降の褶曲・隆起運動によって形成され、現在でも背斜軸をなす丘陵の稜線は隆起傾向にあるので、斜面は不安定し、加えて豪雪の融雪期に地下水量が急増することにより、地すべりが多発する。新潟県の地すべり面積は日本の約20 %を占め、とくに東頸城丘陵における地すべり密度は高く、おそらく世界一であろうと推測される。

 美人林は松之山・松口集落の標高330 m の丘陵に広がるブナの原生林である。松之山にはかってブナが広範囲に生育していたが、昭和初期に薪炭材としてほとんど伐採されてしまい、その跡からブナが成長をはじめたという。したがって、樹齢は約80年の若木であり、幹周りは1 mを超えるものはないが、他の樹種がほとんどない純林である。ブナ林の美しいのは、根元に残雪も見られる5月上旬ころであり、ブナ特有の若葉が異常に白い樹幹とマッチしている。このブナ林の樹幹はなぜ白いのであろうか、疑問である。美人林という名称は、ブナの立ち姿があまりに美しいところからいつの間にか付けられ、現在はその名称もあって多くの人が訪れる観光スポットとなっている。
e0119669_138461.jpg

 松之山は東頸城丘陵の最南東端に位置しており、日本三大薬湯のひとつとされる松山温泉もあり、地すべり地形につくられた棚田がいたるところに見られ、典型的な農山村の原風景が豊に残されている。豪雪地域特有の生活様式・慣習が残り、歴史・民俗資料も多く魅力に富んでいるが、就業機会がないので若年層の人口流出に歯止めがかからず、過去40年間の人口減少率は65%にも及ぶ。

新潟大学名誉教授 鈴 木 郁 夫
[PR]

by meiboku | 2009-09-25 13:09 | 松之山の美人林