カテゴリ:称名寺のシイノキ( 1 )

 

称名寺のシイノキ -宮城県亘理町-

 宮城県は東北地方で最小の面積7,286 km2 であるが、山地・火山から平野、海岸まで変化に富む地形からなる。仙台市から自動車で海岸線沿いに走る国道6 号(陸前浜街道)を福島県に向かって約 1 時間南下すると、亘理町に達する。町の中心街の南側の小高い丘陵の標高約 20 mに、称名寺がある。丘陵末端のすべてが称名寺の境内である。東側から階段を登ると本堂に達し、その西側・南側には墓地が広がっている。本堂の前に、奇怪な姿をしたシイノキの巨樹が立っている。シイノキは元来冷涼な気候の宮城県には自生しないとされているので、称名寺の前身である光明院の開山のときに、誰かが温暖な地方から苗木を持ってきて植えたものではないかと考えられている。 
シイノキは樹高14 m、幹周り10.2 m 、前後左右に20 m も枝を広げており、推定樹齢 700 年から国指定の天然記念物であることをうなづける巨樹である。樹木を見て気が付くことは、生長に伴い多くの樹根が立ち上がり、その上に巨大な樹幹が放射状に広がっている。多くの樹根がしっかりと大地をつかんでいるように見え、安定感抜群である。なお、このシイノキは、幹周りから判定すると、日本で第3 位とのことである。また、境内の西側の最高地点には、幹周り 5 m のスダジイの巨木がもう 1本みられ、町の天然記念物に指定されている。さらに、スダジイの南側には 2 本のアカマツの巨木も見られる。
 ところで、2011 年の東北地方太平洋沖地震では、震源に近いこの地域は波高15 m の津波に襲われ、海岸低地の大半は浸水し、多くの犠牲者を出した。昨年夏、称名寺を訪れた際、墓石などの転倒、破壊はほとんど見られず、本堂などは無事であったが、津波は標高 20 mの丘陵足下まで押し寄せたのである。
e0119669_15305419.jpg


                       新潟大学名誉教授 鈴 木 郁 夫
[PR]

by meiboku | 2013-06-18 15:31 | 称名寺のシイノキ