カテゴリ:発地(ほっち)の桜( 1 )

 

発地(ほっち)の桜 -群馬県沼田市-

 今冬は寒かったので桜の開花が例年よりは少し遅れ、新潟でもようやく4月16日に開花宣言が出されたところである。今回取り上げた「発地の桜」は今頃がちょうど満開であろうか。群馬県沼田市は北側を武尊山、西側を利根川を隔てて大峰山・子持山、南側を片品川を隔てて赤城山などに囲まれ、それらの山地から流れ出す河川によって造られた段丘の町である。沼田市の中心街地の広がる平坦面などは、下流側に位置する赤城火山の活動と密接に関わって造られたことは言うまでもない。山地、段丘など多様な地形からなる市内には、既に紹介した日本一の大クワと呼ばれる「薄根の大クワ」をはじめとして、巨木・名木が多数残っており、それぞれ大切に保護されている。

 武尊山西部の玉原(たんばら)から流れ出す発地川は右岸に天狗の霊峰として知られた迦葉山(かしょうざん、1322 m)を経て、ほぼ南流する。山地は迦葉山から沼田市街地へ向かって高度を低下させて高玉山(766 m)となり、最後はきれいな三角錐の山容をした戸神山となる。この迦葉山と戸神山の間の山地斜面の東端に、大きく枝を広げた「発地の桜」がある。発地という地名は、三浦系沼田氏の分家である発地氏に由来しており、付近には発地氏が築いた城の遺構もある。桜は枝の見事な広がりに加えて、周囲の水田から見上げるようなところに位置していることもあって一層存在感があるように思われる。樹種はエドヒガン、樹髙 12 m、幹周り 5.2 m、推定樹齢 400 年、枝張りは東西 18 m、南北 22 m 、根元付近には柵も作られているが、斜面が急であるため、ただただ見上げ感動するだけである。この桜は県の天然記念物指定を受け、、苗代づくりのころにちょうど開花することから、地元の人々から「発地の苗代桜」と呼ばれ、親しまれているという。

 東京から関越自動車道を走り、沼田インタ-を過ぎるとすぐ右手に小さいながらも三角錐状の戸神山が見えてくる。「発地の桜」が咲く頃は、ミニ尾瀬として評判となった玉原は見るべきものはないが、戸神山へのプチ登山や迦葉山弥勒寺の参詣を兼ねて訪ねてみたらどうであろうか。ところで、戸神山と呼ばれる山は、たとえば福島県浪江町、仙台市秋保、山形市東部および西部(富神山)に存在しており、それらはいずれも小さいが、尖った山容をしているので形態に由来するのかも知れないが、アイヌ語でぽこんと盛り上がった小さな山を「トコム」と呼ぶようであるから、それらとの因縁も考えなくてはならない。 

新潟大学名誉教授 鈴 木 郁 夫
e0119669_15483680.jpg

[PR]

by meiboku | 2012-04-17 15:48 | 発地(ほっち)の桜