カテゴリ:高瀬の大ケヤキ( 3 )

 

井頭(いがしら)のヤナギ -東京都練馬区-

 久しぶりに西武池袋線に乗り、保谷駅で下車した。駅前は相変わらず車寄せもないほど狭かったが、駅から少し離れると、所々に畑地や武蔵野を代表するケヤキの大木も何本か残っている。保谷駅から地図を頼りに歩くことおよそ15分で、大泉井頭公園に達する。中央線吉祥寺駅南の井の頭公園のほうがよく知られているので、それと区別する意味で大泉井頭公園と呼ばれている。両者とも今から約10万年前ころに多摩川によって形成された武蔵野台地から水が湧出する泉(井、井戸)の頭(源流)に起因することで共通しており、大泉を付けるとそれは重複していることになる。地表流のない広い台地では、生活用水をどのようにして得るかが最重要課題であるので、このような湧水地付近から開発されたと考えられる。武蔵野台地から流れ出す小さな河川の源流には、善福寺池、井の頭池、延宝寺池・石神井池などがあり、いずれも武蔵野台地の標高50 m付近で傾斜が緩やかになる地点から湧出すると考えられている。

 大泉井頭公園は北東へ流れる白子川(荒川の支流)の源流に位置する小さな池の周辺に造られた公園である。この付近は、白子川源流であるので武蔵野台地よりも数 m低くなった程度であるが、池・河川沿いは公園として整備されており、水辺を好む植物が多く見られる。池の北側にマルバヤナギ(アカメヤナギの別名)の大木が2本、ずいぶん曲がりくねって立っている。両者は甲乙つけがたく、樹髙は6.2 m、幹周り5.3 m、樹齢は不明、練馬区指定天然記念物とのことである。樹髙は曲がっているためにそれほど大きくはないが、ヤナギの生長速度やその屈曲状態から樹齢を感じさせてくれる。池には大きな錦鯉も泳ぎ、白子川の流れもきれいである。武蔵野台地から流れ出す小さな水辺の環境をいつまでも残したいものである。

新潟大学名誉教授 鈴 木 郁 夫
e0119669_11352727.jpg

[PR]

by meiboku | 2010-07-23 11:36 | 高瀬の大ケヤキ  

三嶋大社のキンモクセイ -静岡県三島市-

 三島市は富士山の伏流水の湧水地が多く、「水の都」として知られる。市街の北東部は箱根火山の西斜面、西部は愛鷹火山の南東斜面に当たり、東に境川(下流は大場川となって狩野川に合流)、西に黄瀬川が流れ、両河川が造りあげた南に傾斜する扇状地に市街地が広がっている。この扇状地のところどころに湧水が見られところから、古代には伊豆国府が置かれ、地方行政の中心であった。鎌倉時代以降は三嶋大社の門前町として発展してきたので、市の名称もそれに由来するという考えがあるほどである。

 三嶋大社は三島駅南約 1 km に位置し、伊豆国一宮で、三島明神とも称した。祭神は大山祗命(おおやまづみのみこと)と事代主命(ことしろぬしのみこと)、創建年代は未詳であるが、平安初期の文献に現れていることからその古さがわかる。源 頼朝以降、幕府や武家に信仰されて大切に保護され、江戸時代には朱印地530石を領有するほどであったと言われる。

 三島市のほぼ中心に位置する神社の広い境内には多くの巨木が見られるが、キンモクセイは唐門をくぐると拝殿と舞殿の間の右側に立っている。幹は地上約 1 mのところで大きく2 本に分かれ、さらにそれぞれ3本に分岐して四方に広がっているので、巨木というよりもこんもりとした半球状の樹冠となっている。「キンモクセイ」と呼ばれているが、本当は「ウスギモクセイ」(雄株)という種類で、キンモクセイより花が大きく、色が少し淡いとのことである。花は9月上旬~中旬と9月下旬~10月上旬にかけて二度咲く性質がある。樹髙は約15 m、幹周り4 m、国指定天然記念物であり、推定樹齢が1200年ということは、頼朝が活躍していたころ、「キンモクセイ」はすでにこの地に生育していたことになるので、それを考えると不思議な感じがする。

 三島市は駅約500 m南にある楽寿園、隣接する清水町の有名な柿田川湧水群などをはじめとする「水の都」であり、そのきれいな水で約1週間引き締められた「うなぎ」は絶品とのことである。

                                      新潟大学名誉教授 鈴 木 郁 夫
e0119669_1658322.jpg

[PR]

by meiboku | 2009-11-20 16:59 | 高瀬の大ケヤキ  

高瀬の大ケヤキ -福島県会津若松市-

  NHK の大河ドラマに取り上げられると、その場所は一躍人気スポットになるらしい。新潟県魚沼市の雲洞庵(うんとうあん)もそうであるが、この大ケヤキが立つ小さな丘の西側にも新しく駐車場が造られ、今年のタイトル「天地人」の旗が風になびいていた。付言すれば、筆者らが訪れた日の翌日、9月13 日の「天地人」の最後で、神指城が紹介された。

 会津若松市の北西部、阿賀川(新潟県に入ると、阿賀野川となる)の右岸に、慶長年間(1596~1615)に上杉景勝が築城した神指(こうざし)城の土塁跡がある。周辺の水田よりも5~6 m 高く、南北方向にのびる小さな丘の北東隅に、このケヤキが立っている。樹髙22 m、幹周り 11.7 m、推定樹齢 500 年、国指定天然記念物、旧環境庁の調査によれば、ケヤキとしては日本で第6 位であり、樹齢から推定すると、上杉景勝が活躍する前から生育していたことになる。この丘から若松城(鶴ケ城)が望まれるので、大ケヤキは戊辰(ぼしん)戦争をどのように見ていたのであろうか。

ケヤキは成長が早く、枝張りは東西29 m、南北 33 m にもなっているが、南西側の枝の成長が激しいために、その重みで折れかかり、樹幹に大きなダメ-ジを与えている。それにもかかわらず、樹勢はなかなかである。

 会津若松市は福島県西部の会津地方の中心都市で、若松城の城下町として広く知られる。城は、背後の湯川と堀で守られ、当初7 層の天守をもつ壮大な名城であったという。市街地には現在でも城下の町割-広い地割の士族屋敷と短冊型の狭い間口の町場-がよく残され、鶴ケ城は1874 年に政府によって取り壊されたが、1965年に復元された。残された堀のスケ-ルから、当時の城の壮大さを偲ぶことができる。会津若松市は猪苗代湖や磐梯山に近く、市内には白虎隊で知られた飯盛山、会津武家屋敷、東山温泉などもあり、観光資源に恵まれている。
e0119669_9233226.jpg

新潟大学名誉教授 鈴 木 郁 夫
[PR]

by meiboku | 2009-10-29 09:24 | 高瀬の大ケヤキ