萩原の大笠松 ~群馬県高崎市~

 2008年を迎え、何からスタ-トしようかと考えたが、松を選ぶことにした。
群馬県高崎市萩原町は関越自動車道の高崎インタ-から県道27号(高崎駒形線)を東に向かい、利根川に架かる昭和大橋の手前、北側に位置する。昭和大橋への坂道手前に「萩原の大笠松」の位置を示す小さな看板もあるが、見落とすおそれがある。その場合、付近の人に聞けばいい。その存在は付近の人ならば、誰でも知っている。

e0119669_14205471.jpg

 大笠松は八木家(現在の当主は八木亮治氏)の門を入ると、広い前庭を前面覆うように植えられている。中央の主幹の高さ 7 m、幹周り 6 m、周囲の枝張りは東西20 m、南北18 m、周囲は80 m にも及ぶ大きさである。一見したところ、とても一本の木とは思えないような大きさに驚かされる。樹齢440年、県指定の天然記念物である。傍の看板の説明によれば、八木家の祖先、八木源左衛門が前橋城主酒井雅楽頭から鉢植えの黒松を拝領し、自宅の庭に植えたところ、見る間に成長して母屋を圧倒するようになった。そこで、源左衛門は殿様拝領の松であることから切ることができず母屋を後ろにずらしたという。八木家では、これまでに松の成長に伴い、母屋を 3度も後ろへ引き下げたとのことであり、八木家がいかに大切にしてきたかが分かる。この木は八木氏個人のものであるが、少し離れた八幡宮の前に数台分の駐車場も用意されており、松の周囲は見学者用の配慮もなされている。なお、この大笠松は『巨樹・巨木』(渡辺典博)によれば、マツの全国ランキング第 5位とのことである。

高崎市の市街地は上越本線・信越本線の西側、烏川と碓氷川の合流点付近の高崎城址周辺に発展しており、両河川の西岸には十一面観世音菩薩を本尊とし、開運だるま大師の像を安置する達磨寺、および高崎白衣大観音がある。さらに、市南東部の倉賀野地区には観音山古墳、県立近代美術館、県立歴史博物館など見所が多い。

新潟大学名誉教授 鈴 木 郁 夫
[PR]

by meiboku | 2008-01-18 14:28 | 萩原の大笠松  

<< 天然スギの原生林 ~新潟県佐... 新刊本:『新潟もの知り地理ブック』 >>